甲州手彫印章 漆印 うるしるし

09 新潟漆器 新潟県

注文・お問合せはこちらから

製品の技法 竹塗/朧銀塗

北前船が寄港する新潟は物資や文化の集散地として栄え、旦那衆は豊かな生活文化を醸成してきました。その精華が「遊び心」と言えます。竹塗は遊び心がもたらした贅沢な技法。竹に擬せられた変わり塗です。そして、朧銀塗の質感は金属そのもの。オマージュ・ド・ゼシンhommage de Zeshinというフランス語を冠したスタイリッシュな塗りには、この技法を考案した江戸末期の名工「柴田是真」への憧れと敬意が込められています。

製品の特徴

竹塗

1.下地造り 木地固め~錆付け~錆研ぎ~節付け~節研ぎ

竹塗の最も大事な工程が「節付け」。素地の表面に専用のヘラで錆を盛り付け、竹の節模様(親節、溝、枝節)を作り、ノミでかたちを整えます。

2. 塗り 下塗り~研ぎ~中塗り~研ぎ~上塗り~研ぎ~模様付け

錆研ぎ後、中塗り用の煤竹色の色漆を塗って研ぎ、上塗り用の色漆を塗り重ねて研ぎ、乾いたら、刷毛で筋や斑点などの地肌模様を付けます。

3.真菰付け~真菰研ぎ~艶上げ~胴摺り~艶上げ~磨き

 透明漆を塗り、生乾きの状態で真菰粉を筆で蒔き付け、摺漆を繰り返して磨きます。

朧銀塗(おぼろぎんぬり)

1.下地造り 木地固め~錆付け~錆研ぎ

生漆を浸透させて木地固めを行い、錆付けして研ぎ、平滑にします。

2.塗り 下塗り~研ぎ~下塗り~粉撒き~研ぎ~中塗り~粉撒き~研ぎ~上塗り~粉撒き~上塗り研ぎ

下塗り、研ぎの後、さらに下塗りを施して錫粉を撒き付けます。中塗り、上塗りにおいても同様に撒き付け、朧銀のような自然な斑が出るように質感を演出します。

3. 仕上げ 粉止め~胴摺り~磨き

09新潟漆器

新潟漆器

  • 漆印:朧銀塗(印伝ケース付)
  • 漆印:竹塗(印伝ケース付)
  • 漆印ケース:朧銀塗
  • 漆印、漆印ケース
  • 漆印ケース:竹塗
  • 漆印、漆印ケース
  • 漆印:朧銀塗(印伝ケース付)
  • 漆印:竹塗(印伝ケース付)
  • 漆印ケース:朧銀塗
  • 漆印、漆印ケース
  • 漆印ケース:竹塗
  • 漆印、漆印ケース

サイズ目安

12mm丸13.5mm丸15mm丸16.5mm丸18.5mm丸
実印
銀行印
認印

書体見本

ご注文方法

下記フォームより、ご依頼下さい。
当方よりご注文の確認のためご連絡を差し上げます。
電話、メール等でお打合せをさせていただいた後、心を込めて制作させていただきます。
その他お問い合わせにつきましては、電話、メールにてご遠慮なくお申し付け下さい。

代金のお支払いについて

●ヤマトで代引き・・・商品引渡し時に配達員に直接、現金またはカードにてお支払い下さい。
(法人からのご注文の場合、役務に当たるため、クレジットカード決済は出来ません。

代引き手数料
10,000円~30,000円未満440円(税込)
30,000円~100,000円未満660円(税込)
100,000円~300,000円未満1,100円(税込)

※商品の合計金額が30万円を超える場合は、2個口になります

●郵便代引き・・・商品引渡時に配達員に直接、現金でお支払いください。

代引き手数料
265円 (税込) 

●銀行振込み(ゆうちょ、山梨中央銀行、ジャパンネットバンク)
納品可能日の一週間程前に振込先の連絡を致します。

製作期間について

印材の在庫がある場合、通常1~3ヶ月程度、ご注文確定までにお客様との相談の上で決定致します。
※お急ぎの場合はご相談下さい。
在庫なしの場合はお問い合わせください。

返品について

オリジナルで制作しますので基本的に返品不可。
ただし、彫刻した文字が万が一、気に入らない場合は、彫刻し直します(印材は短くなります)。送料は発送元負担。

商品の欠陥や不良など弊社原因の場合は、良品の物と交換します。送料は弊社負担。
商品到着後1週間以内に弊社までメールまたはお電話にてご連絡して下さい。

注文・お問合せ

ご購入になりたい製品の購入数をご選択の上で「彫刻する文字」を入力し、「用途」を選んだ上で「買い物かごに入れる」を押してください。

  12mm13.5mm15mm16.5mm18mm
竹塗
(印伝ケース付)
35,000円(税別)40,000円(税別)45,000円(税別)51,000円(税別)57,000円(税別)
朧銀塗
(印伝ケース付)
35,000円(税別)40,000円(税別)45,000円(税別)51,000円(税別)57,000円(税別)
  漆印ケース
竹塗別途15,000円(税別)
朧銀塗別途15,000円(税別)
彫刻する文字
用途    
書体 書体が印相体の場合、印相を良くするため、本来の文字の形から逸脱しているため、伝統的工芸品ではありませんので、伝統証紙は付きません。